バイアグラが巻き起こした世界的なセンセーションと日本での承認

バイアグラは1998年の発売当初は世界的な話題となり日本では翌年に認可されている


バイアグラ登場前のED治療

ED治療は現在では「勃起不全の改善」という意味内容で認知されていますが、かつてはインポテンツという言われ方をしていました。インポテンツは実際にはペニスの機能異常で、勃起不全とは意味合いが異なりますが、混同して使われていたのです。バイアグラが登場する前はその認識も薄かったと言えるでしょう。中年になるとペニスの勃起力が衰えることもインポと呼ばれる傾向がありました。当時は勃起不全の有効な治療方法はなく、勃起補助器具を使ったり、プロステーシスという異物をペニスに埋め込んだりなどの方法が採られる程度でした。

画期的な発明

バイアグラは、有効な治療方法が見つかりにくかった男性のEDに対して画期的な発明だったと言えます。元来は狭心症の治療のために開発されていた薬が勃起不全に効果があることが判明したのです。開発したのは世界的に良く知られたファイザー製薬です。最初はアメリカで販売され、世界的にセンセーションを巻き起こすことになります。これまで治療困難とされてきた男性機能障害を、1錠の薬を飲むだけで解消するバイアグラは「夢の薬」と呼ばれていました。日本で販売されていないときには、個人輸入によって持ち込まれていました。医薬品の個人輸入の台頭に大きな役割を果たしたと言われています。

日本での承認

バイアグラの日本での承認はアメリカでの販売開始よりも少し遅れた1999年のことです。当時としては異例なほどのスピードで承認された事例です。通常は薬の承認にはもっと時間がかかりますが、バイアグラの場合には間違った使い方をする人が増えたためです。バイアグラそのものには心臓に作用することがありませんが、併用禁忌になっている硝酸剤を服用している人が使ったために、意識を失ったり死亡したりしたためです。硝酸剤を服用しながらバイアグラを飲むと血圧が一気に下がりますから、今でも2つを併用してはならないことになっています。

併用禁忌薬とは

バイアグラには併用禁忌薬があります。硝酸剤は血管を拡張して、主に心臓の疾患を改善する薬ですが、バイアグラも同様に血管拡張機能を持つため、効果が強く出てしまうことがあります。一時期、並行輸入でバイアグラを飲んだために死亡したという事例の多くが硝酸剤との併用でした。