バイアグラとは

バイアグラは狭心症の治療薬としてファイザー製薬が開発していた薬である


元はEDの治療薬ではない

バイアグラはEDの治療薬の代表として日本でも広く認知されています。近年ではシアリスなどのED治療薬も開発されていますが、現在販売されている勃起不全の治療薬としてはバイアグラは最も歴史が古く、多くの人が利用してきた実績とデータが揃っています。元々はファイザー製薬が狭心症の治療薬としてシルデナフィルという薬を開発していました。臨床実験では狭心症の治療効果があまり認められず、実験を中止しようとしていたところ、被験者となる患者さんたちが余った薬の返却を渋るということが起こりました。理由を訊いたところ、男性器の勃起を促進するという作用があることが発覚します。

シルデナフィルの効果

シルデナフィルには、血管の拡張を阻害しようとするPDE-5という酵素の活性化を抑制する働きがあり、これが被験者たちの勃起不全を改善していたのです。勃起は性的な刺激を受けて血液がペニスの海綿体に流入することで起こりますが、勃起不全の人はたとえば動脈の硬化などによって血管が狭くなっていて、血液の流れが悪くなっています。バイアグラの成分であるシルデナフィルはPDE-5の働きを弱めるので、血管内の平滑筋が拡張します。結果的に血流が増えて勃起しやすくなるという仕組みです。

詳しいメカニズムと効果

海綿体に血液を集めるのに重要なのは環状グアノシン一リン酸です。勃起はペニスに血液が集まることで長く硬くなることを指します。男性は性的な刺激を受けると一酸化窒素が分泌します。一酸化窒素は環状グアノシン一リン酸を形成し、それが海綿体の筋肉を緩めます。すると血管も緩むため、海綿体に血液が流れ込み、ペニスの圧力が高まります。これが勃起の仕組みです。勃起には環状グアノシン一リン酸が必要不可欠ですが、これはPDE-5という酵素で分解されると力がなくなることがわかっています。

狭心症の薬からED治療薬へ

元々バイアグラは狭心症の薬として開発されていました。成分であるシデナフィルは筋肉の異常による痛みを和らげ、心臓を圧迫するのを抑制することが期待されていたからです。心臓よりもペニスの筋肉のほうに影響力が強かったことから、ED治療薬として開発されることになります。EDの人はPDE-5によって勃起状態がキープできませんが、バイアグラに含まれるクエン酸シルデナフィルが働くことで長時間の勃起が可能になります。