記事一覧一覧

おすすめ販売ストア

個人輸入は医師の処方箋なしで医薬品を購入可能です。代行業者ではすべて日本語で注文できます。評価の高いサイトとして、ベストケンコーやくすりエクスプレス、オオサカ堂などがあります。ベストケンコーは薬剤師が常駐しており、安心して利用できます。

バイアグラを正しく手に入れるには

バイアグラは医師の処方箋で処方される医薬品ですので、診察を受けて医師に処方箋を出してもらい、調剤薬局で入手するのが正しい方法です。偽造品が多数出回っているため、ファイザー製薬では信頼できるクリニックを検索できるサービスを提供しています。

バイアグラに関連する犯罪行為

バイアグラのオンライン販売は厳密には違法だが、個人で使う分を自分で輸入する分には合法です。ただ、利用には注意が必要で、偽物のバイアグラを服用すると意識を失ったり、最悪では死に至ったりすることがあります。

バイアグラの副作用による死亡事故

バイアグラには危険な薬という誤った認識が広がっていますが、これは併用禁忌薬と一緒に飲んで死亡した事例があったためです。心臓病の治療薬との併用は禁忌です。また、飲み過ぎで心臓発作を起こすケースもありますので、医師の指導に従って飲みましょう。

バイアグラ・ジェネリックの登場

バイアグラはすでに特許切れしている医薬品です。そのためジェネリック医薬品と呼ばれる後発医薬品が数多く販売されています。ジェネリックは先発医薬品よりも価格が安いというメリットがあります。日本でもバイアグラのジェネリックが販売されています。

クエン酸塩ってなに?

クエン酸塩は多くの成分との化合物を形成するので、胃炎やうつ病の治療薬など、数多くの薬品に使われています。バイアグラの主成分はシルデナフィルクエン酸塩です。シルデナフィルクエン酸塩は漢方薬や強壮剤にも利用されていますが、厳密には違法です。

シルデナフィルの効果いろいろ

バイアグラの主成分であるシルデナフィルの血管拡張機能には、アンチエイジング効果も期待されています。難病の肺動脈性高血圧症の治療薬としても役立つことが分かっており、この目的ではレバチオ(Revatio)という薬品名で製造販売しています。

適応症が違う??バイアグラの誕生秘話

バイアグラの主成分であるシルデナフィルはファイザー製薬が莫大な費用と時間をかけて狭心症の薬として開発したものですが、途中からED治療薬として開発されることになりました。副作用が主作用を超えて、適応症を変更した事例です。

ファイザー製薬が進めていたシルデナフィルの研究

バイアグラは狭心症の治療薬としてファイザー製薬が開発したものです。狭心症の要因である冠動脈が狭い症状の緩和を目指しましたが、被験者の報告によって勃起不全に効果があることが発覚しました。1996年にアメリカ食品医薬品局から認可を受けています。

バイアグラとは

バイアグラは狭心症の薬として開発されたものです。狭心症で発生する筋肉の痛みを和らげるために開発された薬ですが、有効成分のシルデナフィルにはペニスの筋肉を和らげて海綿体への血液の流入を促進する効果があったのです。