バイアグラを正しく手に入れるには

バイアグラは医師の処方箋によって入手する


バイアグラは医薬品

バイアグラは処方医薬品です。医師が患者を診断して処方箋を出して、それによって薬剤師が調剤して処方される薬です。これは薬害を防ぐための措置で、医薬品は基本的に安全性と有効性を厚生労働省が承認し、承認された薬を出す際には、患者を診断した医師が処方箋を発行することが義務付けられています。一部に勘違いされていますが、バイアグラは薬剤師のいる薬局以外の、たとえばドラッグストアなどではでは取り扱いできません。バイアグラはED治療を専門とするクリニックで診察を受けて、そのうえで医師の指示に従って処方箋で購入するというのが正しい入手方法です。EDの人が自分の判断で購入するのは、ある程度のリスクを伴うことは覚えておきましょう。

未認可の輸入ED治療薬に注意

バイアグラは、EDの治療薬として大変な人気があります。そのため、数多くの偽造品も出回っています。日本では認可されていない輸入ED治療薬を処方するクリニックも実際に存在します。近年では「この薬は本物なのか」とセカンドオピニオンを受けに来る患者が増えていると専門クリニックからの報告もあります。偽造品による死亡事故も発生していますので、充分な注意が必要です。ファイザー製薬が製造している正規品のバイアグラを正しい方法で入手するには、お金はかかりますが専門クリニックに行きましょう。ファイザー製薬では、偽造品が世界的に流通していることを懸念し、世界の医療機関のうち信頼できるクリニックや医療機関を検索できるサイトをオープンさせています。気になる人は検索してみましょう。

大手の専門クリニック

正規のバイアグラは勃起不全の治療薬として実績があります。ED治療薬にはレビトラやシアリスなども開発・販売されていますが、バイアグラの知名度には及びません。バイアグラにはジェネリック医薬品も多数存在します。効果は同じで、価格は安く設定されています。こうした製品もオンライン通販で取り扱いがありますが、当初は大手の専門クリニックで診察を受けて処方してもらったほうが良いでしょう。ED治療薬は血管の拡張機能があり、成分量が高いものを摂取してしまうと心臓に負担がかかります。死亡事故の大半は血圧の急激な低下によって引き起こされています。欧米人と日本人では体格も違いますので、最初から海外のバイアグラやジェネリック品に手を出すのは危険と言えるでしょう。